【考察】改元の時期を的中させたタイムリーパーの予言

予知・予言

改元の時期を的中させたタイムリーパーの予言から推測して、世界は今後どの方向に向かうのかを考察していきたいと思います・

前回の記事を見て頂いてからの方がわかりやすいと思います。

改元の時期を的中させたタイムリーパーの予言

元ネタもまとめています

このルートの人間がパラレルワールドを信じるか?

新型コロナウイルスが引き起こす未来分岐

ここからは新型コロナウイルスの発生が未来分岐の要因になったと仮定し、どのように未来分岐するのかを個人的に推測してみます。

ルート①

ルート①の分岐は限りなく自然に近い人為的な分岐で、ほぼ変化が見られない回避に限りなく近いルートだとしています。

これはコロナウイルス研究段階で、人に感染させるウイルスができなかったか、できたとしても十分な感染力を持たせることができなかった場合ルート①になったのではないかと思います。従って、ルート①はもうすでに分岐はないと考えています。

ルート④

ルート④は運が悪ければ入る最悪のルートだとしています。ルート①、②,③とは関連性がないそうなので、予測不可能な何かが発生した場合と信じたいところです。一つ恐れるなら、ルート①、②、③が新型コロナウイルスによる未来分岐ではなく、新型コロナウイルスの発生自体がルート④の要因であるという場合です。つまり、新型コロナウイルスは不治の病で壊滅や滅亡の結末を迎える可能性もあります。実際、新型コロナウイルスは再陽性も出ているのでさらに恐ろしいですよね。

ルート②・ルート③

これはある者のイエス・ノーで未来が分岐するとしていました。新型コロナウイルスにより生活の変化や経済の崩壊等が激化し、国家のシステムが破綻しかけた先にやってくる決断は、国家の統合(世界政府)を承認するかしないかではないでしょうか?

この決断(イエス・ノー)が未来分岐になると考えています。そして、決断を下すある者は、現段階ではトランプ大統領ではないかと考えています。承認すればルート②へ、承認しなければルート③へ未来が分岐するのだと思います。

ルート②へ分岐すれば、このパンデミックにより生き方を強制的に変えられた人々が世界全体で協力して、技術・科学の躍進的な進歩とともに新しい生き方を生み出すのではないしょうか。そして、共存を拒んだ1つの国(中国?)が解体されるということでしょうか。

ルート③へ分岐すれば、新型コロナウイルスの影響で経済の崩壊、世界大戦の勃発、国家システムの破綻などが発生し、世界のバランスは崩壊し、世界は一度フラットな状態になるのではないでしょうか。

以上、勝手な推測でした。②、③ルートが濃厚なんですかね。①はもうないとしても、④の可能性も捨てきれないところが本当に怖い。

スレ主の見た4つのルートのパラレルワールドが本当にあったとして、第5のルート、第6のルートもがないとは言い切れません。

一人一人が未来に向かって今を生きることが少しでも良い分岐ができるのではないでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました